マンション 火災保険

火災保険の相場を調べるゾウ!

マンションで火災保険に加入する際の相場を考えるときのポイント

分譲マンションを購入するときに、一般に入るのが火災保険です。

相場は普通のマンションの場合は年間2万円いかない程度の額です。

今の保険は火災保険というか総合保険というような形になっていますので、水漏れして万が一下の階に迷惑をかけてしまった場合などもカバーできるタイプのものが多いところです。

会社によっても値段とサービス内容は少しずつ異なっていますので、よく見比べてから加入するのが賢明です。

また、火災保険に入るときに忘れてはならないのは地震保険です。

日本は地震大国なのです。

東日本大震災の記憶は新しいところです。

首都圏直下の恐れも政府の発表、報道されている通りです。

日本は世界で有数の地震国ですのでいつ地震があってもおかしくありません。

ところがこの地震保険に入っていないと、火事の場合の保険金は対象にならないという仕組みなのです。

実は損害保険で自然災害について保険が支払われるということは極めてまれなケースです。

地震も自然災害ですので、保険には本来なじまないものということになります。

そういう流れで火事の場合も地震によっておこる火事は通常の火災だけのための保険ではカバーしてくれません。

そこで地震保険を合わせて加入するということになります。

なんだ地震保険もあるじゃないか、保険会社も儲けに走っているな、と思われるかもしれませんが、この地震保険は実は政府保険ということで財務省が所管している政府による保険なのです。

ですから民間が売っている保険ですが、最後の面倒は国が税金投入してでも成立をさせるという強いバックアップ体制の伴った政府保険なのです。

自治体の人も下手をすると知らないこともあるのですが、実際に財務省のホームページにもその旨しっかり書かれています。

地震保険をプラスした場合の保険料の相場は2万5千円前後になります。

この程度であれば地震保険をセットで加入しようということになるはずです。

保険料もまとめて払い込むとさらに安くなります。

ローンは30年程度を借りているケースが多いですので、30年などまとめて入ってしまうというのも節約になり、賢い払い方です。