火災保険 火災保険

火災保険の相場を調べるゾウ!

不動産購入時の火災保険は条件面の比較をして賢くご利用を

マンション等の住宅をローンを組んで購入された方がよくされる誤解に金融機関側から提示された火災保険に絶対加入しないとならないというものがあります。

保険業務を行う金融機関は多いものですから、どうしても系列の保険をお勧めすることが多くなるものですが、しかし金融機関が提示する火災保険を選択せず条件や予算面の良い保険加入することには問題はなく勿論高いお金を出して購入した不動産ですからもしもに備えて火災保険に加入する事は必須ですが、予算や補償範囲での比較検討を行って長期間の支払いと補償に対処できるようにしたいものです。

そして保険は皆同じと思わず補償範囲や負担金額には保険ごとに違いがあるものですから比較する事は重要な事です市れをあげますと積雪の多い地方での雪害に対する特約契約といった特約事項での比較や丘陵地でのがけ崩れなどの土砂災害特約といった面のチェックなども大切なことです。

また加入期間もチェックすべきポイントです保険会社によっては長期契約に応じて保険料を割安に巣保険もありますのでこの点で検討を行いお子様の成長や進学時期の様なライフプランに応じて負担額を最適化して加入することも大切なものです。

例えば加入時期に小学校2年生8歳のお子様がおられる場合ですとたとえば10年後の場合は高校3年生で18歳でお子様が死因額をご希望の場合ですと専門学校や大学受験を控えて予備校受講等の現況とは異なる何かと物入りな時期に当たりますのでこの時期には家計負担は少なくしたいものです。

またお子様だけではなく、購入者自身のライフプランを想定して検討を行う事もまた重要です。

ローンを組んでいる場合にはじその返済金の支払いとも重なりますので、その兼ね合いを勘案することもまた大切です。

そのため、どの保険でも問題がないと提示された保険の契約申込書に事務的にサインするのは避けたいもので、下記を見越して賢いご加入をご検討ください。